多汗症治療

ボトックスは多汗症の治療にも用いられており、多汗症だけではなく同じ脇の症状であるワキガの治療にも用いられております。

ボトックスには筋肉を弛緩させる効果があるけど、それがどうして多汗症に作用するのか不思議という人もいるのではないでしょうか。

汗腺の多い部位にボトックスを打つことによって、活発すぎる汗腺の働きを抑えることができるのです。

多汗症やワキガは、状況によっては大きなコンプレックスに繋がることも珍しくありませんので、万が一これらの症状になってしまった場合の対処法として覚えておくとよいでしょう。 もちろん、注射だけによる治療になりますので、メスを使って切開するということもありませんし、ダウンタイムなどもそこまで気になるものではありません。

こちらのボトックスの弱点としては、効果の持続時間が限られているという点で、ボトックス注射をしたからといって、完全にワキガや多汗症を解消できるというわけにはいきません。 汗は気温や感情の変化によって、量が影響されますので、予めこれらを予測して汗を多くかいてしまうような時期にあわえてボトックス治療をするのも効果的なのではないでしょうか。

また、継続的にボトックス治療をすることによって、持続時間が長くなることも考えられますので、多汗症やワキガの対処法にボトックス注射を選ぶのもよいのではないでしょうか。 適材適所で利用していくことができれば、コンプレックスの軽減に役立ちそうです。